武蔵野環境整備株式会社


  営業品目 
.
 【施設の維持管理】 .
 【再利用】 【有効利用】 .
 【消 臭】  【薬 品】 .
 【盗 聴】  【火災警報】 .



 ■ 汚泥の燃料化

 <粒度調整微粉炭による下水汚泥の燃料化>



 【概 要】
 脱水ケ−キを焼却処分せず、特殊な手法により燃料に変えてしまいます。脱水ケ−キ
 までの行程は一部を除き、そのまま活用できます。また、焼却設備はこれからという
 場合、いっそうお役に立てると思います。

 【メリット】
  ●たとえば、従来は下水処理場&火力発電所等複数ケ所において燃焼していたモノを、
   燃料化する事により、火力発電所等燃焼が必要不可欠のような場所のみの燃焼にで
   きるため、地球温暖化のCO2排出の抑制になります。
  ●下水処理の焼却設備、その維持管理費が一切不要となります。
  ●有効利用なので、産業廃棄物処分費も不要となります。(同一県内)
  ●装置通過後の脱水ケ−キの下水臭が無くなります。
  ●石炭に変わる燃料となります。
  ●燃料化行程中に油で包む作業があり、場合により工場等の廃油をこの行程に活用する
   ことが可能です。


クリック拡大

 【燃料化装置の例】
納 入 先 愛知県 某民間企業
仕  様 下水汚泥処理       30m3/日
工場排水処理を含む場合 250m3/日
納入先企業様のご要望により、下水処理に加え、
工場排水も合わせて処理することの出来る特別
仕様として当プラントは制作されました。
工事期間 設計着手 平成11年8月 〜
材料手配 平成12年1月 〜
現場着手 平成12年1月 〜
竣  工  平成12年7月



 .
汚泥貯槽


脱水機


乾燥機


排水処理設備

拡大写真



− 担当 : 技術部 石井 −



武蔵野環境整備株式会社
  〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤 9-5-8
  TEL:(048)831-9667  FAX:(048)822-7510
  e-mail:m-jim-01@musashinokankyo.co.jp